校章

【全体のイメージ】

地球をモチーフとし,「未来を創造するリーダーとしての世界への羽ばたき」を表している。

【全体を構成している3つの三日月】

本校の校訓でもある「創造(Creation)」,「挑戦(Challenge)」,「貢献(Contribution)」を表している。

【3つの三日月の色】

 「挑戦,躍動,始動」等をイメージさせる「赤」,「集中,冷静,広大」等をイメージさせる「青」,そして「豊か,才能,頂点」等をイメージさせる「ゴールド」を用い,本校の「成長のための3つのステージ」としての「深耕期(1・2年)」「伸長期(3・4年)」「結実期(5・6年)」を表している。
 また,三日月の下部にあたる部分には,「気品」「知性」「誠実」「信頼」「伝統」等をイメージさせる「紫」と「紺」を用い,「地域からの信頼と良き伝統」づくりへの願いを込めている。

校歌

古河中等教育学校校歌

染谷  心 作詞
福島 弘和 作曲

きらめく星を 水面みなもに映し
銀河は流れ
あおき大気に包まれる われらが故郷ふるさと
奇跡の大地
はるかなる時空ときを経て いまここに在るわが命
萌ゆる理想おもいを 胸にいだ
いざ ぎ出そう 未知なる海へ

千々ちぢの命を やさしく包み
光りは満ちて
覇気はきの心をかき立てる われらが故郷ふるさと
希望の大地
智恵と勇気を競い 今支え合うこの命
あつ使命しめいを ともにちか
いざ 飛び立とう 神秘の宇宙そら

<解説>
 空には無数の星が輝いている。まるで河の流れのように,それらの星は宇宙空間を動き休むことはない。銀河系の中に浮かぶ地球は,きらめく星の中の小さな星だ。蒼い大気に包まれ,命を育む美しい奇跡の星だ。この星の上に生まれ,何万年何億年もの間,命を受け継ぎ,先人たちは生きるために勇気をふるい,智恵を磨いてきた。その結果として今の自分たちはこの地球上に存在する。
 文明は高度に発達したとはいえ,まだ解き明かすべき真理はいっぱいある。さらなる発展のために,互いに,智恵と勇気を競い,支え合って進んでいってほしい。君たちに与えられた使命は命の故郷であるこの地球を守り,未来に向かって人類を発展させることにある。遥かなる祖先から受け継いできた才能をさらに磨き,この地球と人類のために活躍してほしい。そういう願いが込められている校歌である。